メディカルエステは一般的なエステサロンとどんなところが違うのか

エステサロンでは、エステシャンによるハンドマッサージや、器具を用いた美容施術によって、顔、髪、身体など体全体のケアが可能です。
心地のいい空間でリラックスのできるひとときを過ごすことも、エステサービスの一つです。
エステサロンとメディカルエステの違いは、メディカルエステは医師の資格がある人が関わっているという点です。
直接の施術ではなくても、医師の監修が入っています。
医師の免許を持っている人が関与しているという点で、メディカルエステは信頼性の高い美容サービスとなっています。
万が一、施術後に肌トラブルが起きた時でも、医師による対処をスムースにしてもらえるのは、エステサロンにない点です。
そのためメディカルエステは、元々肌が弱いという人も利用しやすくなっています。
肌が刺激に弱い人の中には、エステで用いる美容液やマッサージ液が、肌に良くない作用を及ぼしてしまうことがあります。
お肌のお手入れに使うローションなどで肌が赤くなってしまうということもあるので、エステに行きたいけれどずっと行けないでいたという方もたくさんいます。
お肌の状態を確認した上で、施術が可能かどうかを専門の医師が見極めてくれるので、一般的なエステよりも肌へのリスクが小さく済みます。
メディカルエステなら、医師の知識をベースに施術内容を決めてもらえるので、医療的な視点で肌のコンディションを見極めてもらえるでしょう。
メディカルエステの場合にも施術メニューはクリニックによって異なりますが、一般的なエステサロンに比べると費用は少し割高になるようです。
確実に効果を得たい場合や、肌が弱くて一般的なエステは難しい時には、メディカルエステがおすすめです。

ダブル洗顔でも泡タイプによって肌の違いがこんなにもでちゃう!


PAGE TOP